読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ハンドク:最終回・結末の感想あらすじ「狭間一番(長瀬智也)、研修医となった4名が近代医療の病院でもある「杉田玄白記念病院」で」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

ドラマ最終回感想 テレビ感想 寄稿 雑記

一言感想

研修医となった4名が近代医療の病院でもある「杉田玄白記念病院」で繰り広げているのがかなり見物にもなってくるのですがそれ以上に研修医の心理面にもかなり見物にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

この作品の中心となってくるのが「狭間一番」でもあるのですが普通では考えられない展開の連続でもあるのです。医師としては「半人前」でもあるのですがその中でも人間としての基本的部分が見えるのもかなり共感出来るのでは感じるものです。初めは驚くばかりにも思えるのですが回数を追う事で考え方も変わってくるのも納得してしまうのです。

思い出深いエピソード

一番は病院内のシステムが嫌になって医者を辞めようとするのですがかつての上司からの説得で最後まで医師を貫こうとする姿にはかなり良いものです。研修医だからこそ感じる所があるのも注目するのです。それに一番のキャラクターで周囲が次第に仲間として集まろうとする感覚になっているのはどこか羨ましいと感じるばかりにも思えるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

狭間一番(長瀬智也)、小島道子(内山理名)、如月恵(真中瞳)、高野誠(佐々木蔵之介)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

一度は医療を離れようとした一番でもあるのですが上司の説得を元に最後まで医師をやって良かったと言えるのはかなり切ない所もあるのですが逆に「命」「プライド」の選択肢が極端になっているのが何とも言えない気持ちになってくるものです。それに道子が一番に気がかりになっているのもかなり驚くものですが最後にはどこか切ない感覚にもなってくるのが分かるものです。

おすすめ。

何事も半端であった一番でもあったのですが唯一医師である事が生きがいにも変わりつつあるのですがその中でも仲間を救う事が出来ない場面に関してはかなりもどかしい展開にもなってくるのが印象的な出来事にもなってくるのです。しかし医師としての決め手を持った一番の精神力にもかなり見物でもあるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

初めてこの作品を見た時には驚きの連続にもなってくるのです。やはり一番の妄想から始まろうとするのですが日常生活、現場と変わりつつある所で医師の顔に変化するのは注目出来ます。それに上司として見ると危ないと思うのですが理屈をきちんと通っているのはかなり納得共感出来るのも分かるものです。

その他。

ハンドクというタイトルはそのままのストレートな表現をしているのですが内容とうまく合致しているのも感覚的に感じられるものです。それに一番が回を重ねる事で成長しているのはある意味凄いと感じますし最後まで医師として全うするのは感激出来るのも分かるものです。