読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

森友学園問題の口コミまとめ【ネットアンケート調べ:与党、野党支持意見両論】

森友学園問題の口コミまとめ。

どうも、私です。ネットアンケートで「気になるニュース」を聞いてみたのですが、やはり、「森友学園」に関することが、多かったので、まとめてブログ記事にしました。

それぞれ、アンケートで集まった意見。それに対する「私の感想」という形式でお送りいたします。

教育者として間違っている森友学園。子どもたちの将来が心配。

大阪府豊中市に建設中の森友学園の小学校。
その場所が元々国有地で、9割も値下げして売却されたということで国会で今追求されていますね。

安倍首相は関与を否定していますが、本当はどうなんでしょうか?
元の値段から9割引きなんて、普通考えたらありえないことですよ。
何かしら関与があったとしか思えません。

また、テレビで報道されている森友学園の運動会や講演会の様子。
初めて見た時に、ただ「怖い」と思いました。
幼稚園児に「中国・韓国がどうの」だの「安保法制」だの言わせているなんて、
戦時中の軍事教育じゃないのですから、どう見ても今の時代には合わないし不自然です。

たくさん吸収するこの年頃の子どもたちに、軍事教育のようなことを教えて、子どもたちが心配でなりません。
親御さんたちの教えは真っ当であることを祈ります。

私の感想。

このような感想を持たれた人は多いのじゃないでしょうか。ストレートな意見だと思います。

大阪の森友学園の土地入手に関すること

このところもっぱら話題になっているのが、大阪・森友学園が学校の用地を不正に入手したのでは、という疑惑に関することですね。このニュースを耳にしたときは、いろいろな点においてびっくりしました。まず、国有地を売られたのち、都合よくゴミが出てきて一気にお手頃価格になったこと。そして、それらに関する書類等が無い(?)ということ。この学校の不自然と思われるの認可のされ方。首相夫人が関わっているらしいこと。そして、この学園の幼稚園の異常とも思える教育や指導の内容、ヘイトを何とも思わない姿勢などなど、揚げればきりがないほど、ツッコミどころ満載です。この件が表に出てきたとき、きっと現政権のことだから、力で捻じ曲げてなかったことにしてしまうのではと危惧していました。これほどまでに広がりを見せるとは思っていませんでした。単なるトカゲのしっぽ切りに終わらせないで、大阪地検も乗り出し、徹底的に究明してほしいと切に願っています。

私の感想。

大阪地検の今後の活躍に期待。地検特捜部も封じられたら、日本は独裁と言えるでしょう。

いまどき教育勅語を暗証させる幼稚園ってどうなの?

大阪の国有地を8億円も値引いて買い取り、小学校を建設している森友学園。
安倍総理との関係も怪しいですが、この小学校を建設している森友学園が運営をしている幼稚園ってどうなんでしょうか?
今時、戦前の教育っぽいことをやってますよね。

今は国が違うからという理由で差別をするのは反社会的というか、批判されてしまうことです。
それなのに、特定の国を出して「その国の人は嫌いです」とか「その国の人たちが考えを改めるべきです」という教育を行っているのは現代社会に合わないと思います。

通っている幼稚園児たちは意味も分からずにただ言わされているだけなんだと思いますが、意味を知った時にどう思うのでしょうか?
またそういう幼稚園に入れてしまう親もどういう気持ちなのでしょうか?

私の感想。

もう二度と、立ち戻ってはいけない領域を取り戻そうとしている勢力がいることが、怖いです。

私学であろうとゆゆしき問題だと思います。

最近新聞をにぎわしている問題があります。私学の幼児教育に、まるで経営者の思想の押しつけとも思われる経営実態があったという件です。大きなニュースになっていますので詳細には触れませんが、私が思ったことはこうです。この「森友学園」の中心者は、「自由」というものがどういうものかを全く理解していないという点です。あまりにも子供たちがかわいそうです。子供たちの心の自由は、この学園の中心者にとってどうでもよいことなのです。大事なのは自らの欲望、野望です。ある種の狂気さえ感じます。こういうタイプにとっては自らの欲望以外はすべて「手段」と化すのではないでしょうか。大切な目の前の子どもさえも「手段」と化す、私はそう思います。良識の声で全てを暴かなければならないと思います。

私の感想。

教育勅語とかが好きな人々は、自由を満喫している事実を不自覚のままに、自分以外の「自由」を嫌う傾向があると思います。

鴻池議員は、森友学園の資金援助疑惑などに携わってるのか。

最近、ニュースをつけたらいつも流れている森友学園の公有地問題です。その際に、自民党の鴻池議員が突如会見を開いて、"金を置かれた。投げつけてバカヤロウと言ってやった"といった発言をしていました。
私は、正直このタイミングでの会見を行った事に、非常に疑問を感じました。なぜ、もっと事件が明るみになったタイミングで、献金をされそうになったなどと発言をしなかったのか、理解ができません。
私が同じ立場なら、最初にニュースが出た段階でここまで掘られてしまう可能性があると、また学園長はこんな人間だと伝えれるチャンスがあったわけです。なのに、しばらく経ってから、あんなに一方的に、また聞き手からすると"とても偉そう"といった発言をしたのかと思います。
実際、加担してたのではないか、裏の真犯人ではないかとも思ってしまっています。

私の感想。

誰が口ききしたのか?などの疑惑はつきないですが、鴻池議員は内部資料が外部に渡ったことで、会見を開いたわけで、バレなかったら、黙っていたままだったと思われます。

首相夫人は公人か私人かのどちらなのか?

森友学園の国有地払い下げ問題で、安部首相の昭恵夫人に疑惑の目が向けられているニュースで「首相夫人は公人か私人かのどちらなのか?」という疑問が世間に出てきました。
公人という意見もあれば、私人という意見もあり、意見は半々と言った感じでしょうか。
私は私人だと思っていたのですが、首相夫人の外遊や国内視察などの活動費は全て公費でまかなわれている事をニュースで知り、つまり国の税金が使われていたのですから公人という結論に至りました。
今回の森友学園の国有地払い下げ問題に首相夫人が私利私欲の為に関与したとはとても思えませんが、こういう疑惑の目を向けられる事は避けなくてはいけないと思います。
今回の昭恵夫人の行動は、確実に安部首相の株を下げたと思います。

私の感想。

安倍昭恵さんは、公人だと思いますよ。公人だと思って、講演に呼んだり、講演に参加した人がいると思うので。

全く建設的でない野党議員。足を引っ張るためなら不要です。

山本太郎議員が、安倍総理夫人の昭恵氏が関与したといわれる森友学園の土地問題に対して疑惑がもたれていることを、昔のロッキード事件のネーミングになぞらえて「アッキード事件」と表現しました。
それに対して安倍総理は大きく怒りをあらわにしたそうですが、最近の野党は民進党を筆頭に与党の悪口を言ってスッキリしたいだけなのか、と思ってしまいます。昔からそう、と言えばそうなのですが、相手の足を引っ張ったり悪いところを突っついて政権を失脚させることだけを関げているのが丸見えです。
与党を引きずりおろすことを目的として我々は税金を納めているのではなく、国民がより豊かに暮らしやすい社会にしてもらいたいがための税金であり、国会議員です。その事を思っている野党の議員合一体何人いるのでしょうか。足を引っ張るだけの議員であれば全く必要ありません。

私の感想。

与党支持者の言う「足引っ張り」という論調に私は、否定的です。ぶっちゃけ、森友学園問題は、それ以前の問題すぎるので、本当の意味での反論はできないと思います。

野党が頼りにならなければ一党独裁と同じ!日本の未来はどっち?!

国会中継を見ることが増えました。
今話題の森友学園の追求にについてどうしてあんな金額になったのか?!ニュースを見ていたら誰でも国民の汗水の結晶でもある税金の使い方に疑問を持って当然だと思います。
自民党、理財局長の意見は筋が通っています。土地には瑕疵があり(つまり売り物としての価値が下がるということ)価格は普通よりは下がるものだというけれど、それをわかって当然、といった風に説明するのは少し見ている国民にも優しくはないと思いました。
しかしそれ以上にイライラしたのは的を得ていない野党の質問です。国会で質問する意味が大変にずれているのではないかと思えます。この国をよりよくしていくために与党の抜けているところ、是正しなければならないところを指摘して法律をなおしたりやめたりするためにあると思っていたのです。けれど、揚げ足取りに見当違いのデータの引用、怒っているかのような質問、感情を乗せれば見ている人は興奮して視聴率も上がる、民放などのマスメディアなら分かりますがこれが国の大事を決める人々かと思うと悲しくて仕方がありません。
与党、野党関係なく、本当に国民(高齢者、若者、氷河期で就職難だった世代、ゆとりと言われる世代)のことを考えてくれている人はいるのでしょうか。
国民代表として質問する枠を設けて欲しいです。政治家の方は自分の党、応援者、寄付者に縛られて大切なことを考えるのをやめてしまっています。
お金がなく、票もなく、生活に苦しんだり困っている人のこと、考えてはもらえないでしょうか。

私の感想。

同じ国会中継を見ていて、全く私の意見と逆でビックリしました。答弁に答えない自民党議員、理財局長という印象が強いですが、こういう意見が、きっと、与党を支持しているのだろうな、と。悲しいですね。