読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

コード・ブルー ドクターヘリ救急救命(シーズン2)最終回・結末の感想あらすじ・シニアドクター達の展開にはかなり面白く見れる(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

寄稿 ドラマ最終回感想 テレビ感想

一言感想

成長したフェロー達でもあるのですがその中でも卒業を間近に控えた時に起こる出来事にもなってくるのです。しかしすんなりと上手く行かないのも見てて感じれるものです。その中でもシニアドクターで登場する橘医師ですが三井医師の考えや思いにも注目しながら見れるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

心破裂を起こして入院していた桧山を除く3名は経験を重ねていったのですがその中でも指導医として登場してくる「橘医師」ですがこの人物が登場する事で藍沢達にもどの様な影響を齎すのかがカギにもなってくるものです。それにこのシリーズから藤川もフライトしているのはかなり驚くばかりですがそれに伴って別の意味で注目する所も満載にもなるものです。

思い出深いエピソード

「医師とは何なのか?」を考える事にもなってくるものです。技術の成長は数を熟す事で共感出来るのですが逆に心の場面にはかなり驚きの連続にもなってくるものです。それに白石医師の葛藤にもかなり注目しながら見ていけるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

黒田医師(柳葉敏郎)、藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、三井医師(りょう)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

桧山はフライトドクターにはなれないのですが他の医師達の心の変化にはかなり注目する場面にもなってくるものです。それに藤川自身も責任の重さを黒田医師に語っているのは別の捉え方にもなってくるのではないかと感じるものです。それにシニアドクター達の展開にはかなり面白く見れるのもかなり納得してしまうものです。

おすすめ。

藍沢医師は外科医だけでなく他の分野にも貪欲に学ぼうとするのはかなり凄いと感じるものです。「名医になる」と希望を最後まで持ち続けようとする のは驚くばかりにもなってくるのですが個人的には藍沢医師のその後の展開にはどの様になっているのかがかなり見入ってしまうものでした。

ドラマを見ていた当時の思い出など

救急センターにおいていろいろな作品を見ていると視点が変わろうとするのですがこの作品においては成長と共に苦悩を表面化する事で思わず納得させてしまうのもかなり納得してしまうものです。ドラマを見ていると思わず応援してしまう感覚にもなってくるのが分かるものです。

その他。

再び黒田医師が登場するのはかなり意外な感覚にもなってくるものです。部長の手術を聞いて再び登場してからフライトドクターや救命医としての在り方をゆったりと語っているのもかなり見物でもあるものです。とするのはかなり注目する内容にもなってくるものです。それに藤川が意外にも成長しているのも見物でもあるものです。