読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

コード・ブルー ドクターヘリ救急救命(シーズン1)最終回・結末の感想あらすじ「救えなかった命を目の前にした時に己の振り返りにも伴ってくる瞬間」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

救命センターで繰り広げられる場面でもあるのですがそこからの人間ドラマにも注目しながら見ていけるものです。新人の4名の成長姿にもかなりワクワクしながら見れるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

翔陽大学北部病院救命救急センターに着任したフライトドクター候補の4名「藍沢耕作」「白石恵」「檜山美穂子」「藤川一男」ですが着任早々それぞれのカラーが出てくるのですがなかなか見応え感が高まってくる内容にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

藤川は唯一フライト出来なく待機している状態でもあるのです。普通であると気持ちの面に関しても踏ん切りが付かないままでもあるのですが自分自身が出来る事を必死に見つけようとする姿には感銘を受けるものです。それに黒田医師から褒められる場面においてはかなり嬉しい限りでもあるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

黒田医師(柳葉敏郎)、藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

現場の数を熟すフェロー達でもあるのですがその中でも救えなかった命を目の前にした時に己の振り返りにも伴ってくる瞬間には思わず考えさせる事にもなってくるものです。最終回では「命を救いたい」という気持ちがひたすら目立つ場面でもあるのです。更なるステージを待ち構えているのも思わず感じてしまう瞬間でもあるのでした。

おすすめ。

4名のカラーは見てても納得出来る場面でもあるのですがそれを必死に支えようとする冴島はるかにも同じ同業者としてかなり凄いと感じるばかりにもなってくるものです。フライトナースの存在にもなかなか魅力満載にもなってくるのが分かるものです。救命に関りがない方でもかなり見入ってしまう展開の連続にもなってくるのが分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

救命についてはいろいろなドラマを取り上げているのもあるのですが医師としての成長だけでなくとも人間としての見直す場面も共感出来るものです。なかなかここまでリアルに描かれているのは少ないのではないかと感じるものです。

その他。

フェロー達を支えているシニアドクター達もフェローをそれぞれの視点で評価するのです。黒田医師の事故があってから迷ってしまう場面にもなってくるのですが敢えて走っていけと言う黒田医師の言葉にもかなり納得してしまうのです。救命においては立ち止まる時間はないのもかなり共感出来るものです。その中でもパイロットの梶さんも影ながら支えているのは第三者として見れるのも良いと感じるものです。藤川と梶さんのやり取りにも回数を重ねる事で心情を描かれているのも分かるものです。