読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

僕だけがいない街第3話[痣]感想‏ネタバレ注意・犯人は誰なのか?担任の八代先生が怪しいが、無いかなあ(乱れ蝙蝠)

はじめに(ナカノ実験室)。

私はyarukimedesuで、この記事は友人の乱れ蝙蝠からの寄稿です。

僕だけがいない街第3話[痣]感想

悟はスケートの授業中、アイスホッケー部の浜田とスケートで競争中、勝てるところだったが、最後彼に勝つ事に躊躇し、手を抜いて彼に勝ちを譲ったため浜田の怒りを買い、15年前と同じ失敗をしてしまう。


スケートが授業であるのはさすが北海道だな。まあ、あれは負けるより腹が立つだろう。おまけに、嘘をついてしまった事で、加代を傷つけてしまう。太宰の人間失格の主人公みたいだな。空気を読みまくるのは、多くの人を傷つけるのだ。


加代の誕生日が悟と同じ3月2日で、それまでに事件を阻止しなければいけない・・・。なんか担任の八代先生が怪しいが、無いかなあ。悟が29歳の時はもうこの先生、おっさんだろうからお母さんの見た犯人と繋がらない。後、この先生かなりいい先生っぽいし。

母親に虐待され納屋に監禁される加代。本当に腹立たしいな。3歳の子が虐待された現実の事件を思い出す。今も昔も児童相談所や警察は使えない。縄張り争いなんかしないでもっと連携しろや。


高い木と満点の星で出来た自然のクリスマスツリーを見に行く悟と加代。
「行くなんて言ってないべさ」
「バカなの?」
いちいち加代、セリフがかわいい。女の子の方言はむちゃくちゃかわいいな。


最後、八代先生と悟の友人のケンヤが話していたが一体?ケンヤ、小学生とは思えないぐらい頭がいいが、彼も未来から来た人間ではあるまいな。ぶっちゃけ誰が犯人でも驚かないぞ。

関連記事。

という今期のアニメの注目作の一作、「僕だけがいない街」第1話の感想です。ちなみに原作はヤングエースで連載中ですが、全く読んだ事は無いです。ネタバレしてるので、未読の方はご注意下さい。

僕だけがいない街第1話感想ネタバレ注意・いきなり衝撃の展開‏・藤沼悟は「リバイバル」という現象に悩まされていた(乱れ蝙蝠) - 団劇スデメキルヤ伝外超

いきなり子供になって驚く悟。子供たちの会話のマスクマンとブラックにニヤリとした。光戦隊マスクマンと仮面ライダーBLACKですな。後、ドラクエ3の話ばっかだな。というか意識は大人、体は子供ってますますコナンを思わせる。

僕だけがいない街第2話「掌」感想ネタバレ注意・小学校時代の感覚を思い出す・・・‏(乱れ蝙蝠) - 団劇スデメキルヤ伝外超