読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

小説の書き方・自分と他人の経験をコラージュし架空の人生を作り出す。

はてな 小説 雑記

先日書いていた以下の(特に多くの人に読まれることもなかった、本当にしっかりしてくださいよ)小説記事。

小説:彼女はいつも僕の傍で微笑んでくれていた。休日はヘイトスピーチしていた。 - 団劇スデメキルヤ伝外超


私のことを知らなくても、自分の体験談を書いてるのじゃないの?と思える生っぽい文章があると書いた本人は思っているのだけど、それらを解説することで、小説の書き方としての『自分と他人の経験をコラージュし架空の人生を作り出す』を論汁。

知り合いが話した会話を使う。

「出会いってないですねぇ。課長はどうやって今の奥さんと結婚されたんですか?」なんて聞かれたから、「出会いってそんなに意識するもんなの?なんとなく一緒にいたら、付き合って結婚したようなもんだけど、うちは。」と答えた。そしたら、「じゃあ、それでどうやってチューに発展するんですか?」なんて聞いてきて、「忘れた。」って答えただけだったのだが……。

年末の飲み会で知り合いが会話していたこと。実際に私は「そんな成功例は参考にならねえっす!」とか言った。知り合いが読んだら困るけど、実際に話された会話ほど、参考になるものはない。

自分の人生を切り出す。

大学院の留年が決まって、まあ就職も決まってなかったから、のんびりと修士論文作成の傍ら、(研究室の人間はよろしく思ってなかったけど)サークル活動なんかと続けていた時に、彼女と付き合うようになった。


彼女と付き合った…以外は私の人生。さらっと書いているけど、当時の教授も、同僚もオレのことめっちゃ嫌いだったと思う。

他人の人生を切り出す。

当時の僕は土日に教職員組合の宿舎の宿直アルバイトをしていたから、デートは金曜日の夜が多かった。


私はやってなかったけど、私が所属した研究室で世襲的に受け継がれていたアルバイト。私は、その輪に加わってなかった。

基本的に、このエントリで触れてない部分は全て間を埋めるための『創作』。

………。

鋼崎の鯨都市動物園で、寒い中で、ずっと走り回っているヤブイヌを二人して小一時間じっと見ていた時に、「あ、これかな」と思ったんだ。
………。
私の後輩の女の子は、『岡崎の京都市動物園』に行く予定らしい。で、その話をしていたら、私もついて行く事になった。正直なところ、その話をしていた時は、寝起きで、焼酎も暴れまわっていたから、ハッキリと経緯を覚えていない。普段の私なら、人の予定に割り込もうとしたりとかはしない。私も一人で行動する方だから、一人行動の魅力は分かっている。

もしこの日が最後の日だとしたら、それでもいいなと思った日。

小説の書き方。

ファンタジーとか、壮大な物語を書きたい人は、直接的な参考にはならないかも知れないが、現実の延長にあることから作り出した架空の人物が人生を振り返る内容も『小説』だと思う。

何を書きたいか?は別として、書けることを書くことは、経験として大事だと思うので、何かを書きたいけど書けない!って人は、書いてみたら良いと思う。別に小説を書いたらアフィリエイト収入が増える訳でもないけれど。

おしまい。

小説関係なので、id:sasuke8にもこのエントリを捧ぐ。あと、だいぶ前に読んでいた記事にも、捧ぐ。

なぜそれなりの文字数が書ける人でも小説だけは書けないのか? - かくいう私も青二才でね


ここでのブログ「かくいう私も青二才でね」の主張は「小説を書けない?」とは、「面白い小説を書けない?」が含まれていて、自分の人生や他人の人生を切り貼りする方法論は、含まれてないと思えるが、ともかくアンサーとして。

はてなブックマークで、拡散してもらえると幸いです。

ステマ。

やみいち行動という演劇的活動で、同時に小説冊子を作って1部100円で作っているのですが、せっかくだから、ネット販売をして、私にあったことない人でも、その創作物を手にとって貰える機会を作ろうかな…なんて思ってます。

BASE(ベイス) で同人小説冊子を販売するサイトを作ろうかと思ってます+よしなし事。