読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

SF小説に憧れてスーパーコンピューターの設計士になったら作者が脱法ドラッグで逮捕されててわろえない(´;ω;`)。

Q.まず、最初に。スーパーコンピューター『鯨(げい)』の世界一おめでとうございます。

A.ありがとうございます。長年の夢がようやく叶いました。

Q.それでは、それを記念して、いくつか質問させて頂きます。

A.お願いします。

Q.まず、最初ですが、穂茂田先生は、どうしてコンピューター技師を志されたのですか?

A.小さい頃から、ファミコンとかが好きだったってのがあります。

Q.ファミコン。ああ、プレステですね?

A.え?ああ、まあ、そうですね。ゲームが好きだったんです。

Q.なるほど。そこから、プログラミングなどに興味を持たれたと。

A.ええ。それもありますが、スーパーコンピューターを志したのは、一冊の小説なんですよ。

Q.小説。

A.ええ。SF小説でした。

Q.どんな内容の?

A.まあ、ファンタジーの要素が強いのですが、人類が円周率の最後にたどり着いたら、上位世界の存在、神が現れる、そんな内容でした。

Q.なるほど。

A.まあ、それを読んで……子供の頃の夢ですね。じゃあ、自分が数字の果て、宇宙の果てに挑戦してやろうと!そんな感じです。

Q.その小説のタイトルって覚えてられますか?

A.勿論。『オレの妹のスパコンが世界の謎を解き明かせない訳ない』です。

Q.あ、ああ。そのタイトル、知ってます。有名ですよね。作者はたしか…。

A.鎌田堀太郎先生です。いや、ご存知でしたか。

Q.ええ。ちょっと前に有名になってました。その作者、脱法ハーブで捕まりましたよね。

A.え。

Q.あ、いや、今は危険ドラッグでしたっけ。

A.あ、まあ、そうですね。名称変更されて。

Q.ひどい事件でしたよ。商店街を運転している時に吸って、電柱にアクセル全開で、電柱はバッキバキで、車はグッチャグチャ。まあ、死傷者が出なかったのが、幸いですよね。

A.あ、ああ。

Q.勿論、速攻で逮捕ですね。過去の作品は全て自主回収されて、デジタル版の販売も中止されたとか。逆に回収から零れた中古本はプレミアになっているみたいですよ。穂茂田先生も、もしお持ちでしたら、大切にとっておいたら、プレミア出るかも知れませんよ。

A.え、ええ。今の私があるのは、あの小説があるからですからね。

Q.実は、私も、事件を受けて、販売が中止される前に読んでみたのですが、内容が難しくて、くすりとも笑いませんでしたね。危険ドラッグだけに。なんちって。

A.……。